家づくり

新築家づくりの流れや最短購入から最長購入まで期間を紹介!

こんにちは!みずよーです!

家を建てたないなと思う時に、いくつか頭をよぎる疑問。

どこに建てようか?
どんな家を建てようか?
お金はいくらかかるのか?
家を建てるのにどのくらいの期間がかかるのか?

不安は多いと思いますが、この中でも。

住宅検討中
住宅検討中
家がどのくらいで建つのかを知りたい!

今回の記事では、初めに書いた中から“家を建てるのにどのくらいの期間がかかるのか”について紹介していきます。

◆家を建てようと思っている。

◆家を建てるのにどのくらいの期間がかかるか知りたい。

◆早く家が欲しい。

こんな人におすすめとなります。

僕は2019年に家を購入し、その失敗や経験をブログやYouTubeで発信しています。

 

1.家づくりの流れと期間

まずは家づくりの一般的な流れと期間を紹介していきます。

※あくまで一般的な話であり、人によりもちろん前後します。

 

1-1.ハウスメーカーと土地探し

まずは自分たちがどのような家を建てたいのか。

自分たちの意見をまとめながら、家を建ててくれるハウスメーカーを決めるために探します。

よくある手段としては、複数のハウスメーカーが集合している、近くの住宅展示場で探す事になると思います。

そしてそれと同じくして、どの場所に家を建てるのか。

土地探しもしていきます。

この期間は約3~5カ月。長いと1年以上かかる場合もあるようです。

みずよー
みずよー
僕も半年ほどだったと思います。

 

1-2.ハウスメーカーとの打ち合わせ

ハウスメーカーと土地が決まれば、次はいよいよ家についての話し合いです。

ハウスメーカーにもよりますが、複数回の話し合いで家の間取り、設備仕様、電気関係その他もろもろ。

様々な事を決めていきます。

期間は約3~5カ月。長いと1年かかるという話も見かけます。

みずよー
みずよー
ここはスムーズでしたので3~5カ月だったと思います。

 

1-3.着工から引き渡し

話し合いが終わり、着工承諾書にサインしたら、いよいよ家を実際に建てていく段階へ進みます。

ハウスメーカーにもよりますが、この間に待つ期間がある場合もあります。

年間や月の着工数が決まっていたり、家づくりが立て込んでいる場合。

最近の家は昔のように1から職人たちの手作りではなく、工場である程度生産し、それを組み立てていくという事が多いので早いです。

家が出来たら引き渡しにサインをし、夢のマイホームの完成です。

期間は3カ月~4カ月。(待ち期間を除く)

みずよー
みずよー
僕は話し合いは早く終わりましたが、春先まで待ってから建て始めたので、6カ月ほどかかりました。

続いては最短で新築を手に入れる場合の期間と、時間がかかってしまう場合の紹介をしていきます。

 

2.家づくりの最短期間

最短で新築マイホームを手に入れる期間はどれくらいなのか。

A.答えは建売です。

みずよー
みずよー
CMなどで新築分譲住宅売り出し中というのを見ませんか?

立地が良い場所に建てられている場合も多いので、早い、安い、立地が良いというメリットがあります。

しかしその反面、細かな部分を自分たちに合った仕様に出来ないので、日々の生活で小さなストレスが溜まるかもしれません。

建てている場面も見れないので不安です。

※万人に合う間取りや仕様になっている場合が多い。

建売の場合1~2カ月で購入できる場合もあるようです。

その次に早いとなると規格住宅。

あらかじめ決められている複数の間取りや仕様から選ぶため、早く安く家が建つという仕組みです。

規格住宅の場合2~3カ月で購入できる場合もあるようです。

 

3.家づくりの最長期間

続いては家づくりが長くなってしまう場合を見ていきます。

みずよー
みずよー
僕の周りで聞いた話では3年です。

もしかしたら5年。それ以上かける人もいるかもしれません。

僕も家を建ててから思ったのですが、家づくりは奥が深すぎます。

あれこれ細かなことまで勉強しながら家を建てようと思うと、時間が掛かるのは当たり前。

ハウスメーカーを探すだけで、1年以上かかってしまうというのは、ざらにある事なのかも知れません。

ですが時間をかければ、それだけ良い家を建てられる確率が上がります。

みずよー
みずよー
しかし現代人は忙しい。

中々線引きが難しい話ですね。

 

4.一条工務店で家づくり

参照:一条工務店

僕が頼んだハウスメーカーは一条工務店です。

初めは知りませんでしたが、展示場へ行って初めて知り、色々と調べて一条工務店へお願いしました。

一条工務店のことについては、僕の他の記事や、家づくりの流れも紹介しているので参考にして下さい。

https://mizuyo-blog.com/ichijo-construction-store-flow/

しかしハウスメーカーはか・な・り多いです。

たくさんのハウスメーカーを検討してください!

 

6.理想の家を早く建てるには

最後になりますが、なるべく早く自分たちの理想の家を建てるには。

一般的な流れで展示場へ行くというのは、色々なデメリットがあり、話を聞いていると非常に疲れます。

しっかり話を聞こうとすると、1日で2~3個のハウスメーカーへ行くのがやっと。

しかも営業さんによってはしっかり話してくれない場合も…。

みずよー
みずよー
僕も予算を話したら建売を勧められたり、細かな話をしてくれなかったりとありました。

思い返すと腹立ちますね(笑)

そんな事もあるので、現在はネットを使う事をおすすめします。

僕の一番のおすすめを載せておくので、よろしければ見ていって下さい。

【家づくり比較サイト】使わないと損!おすすめできる理由を徹底解説!この記事ではなぜ比較サイトがおすすめなのかを解説しています。またおすすめの比較サイトを2サイト詳しく紹介しているので、参考にしていただければ幸いです。...

何はともあれ、理想のマイホームが手に入れられることを祈っています。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ABOUT ME
みずよー
妻子持ちの30代。夢のマイホームを購入したので、これから家づくりをする人の参考になるために、一条工務店で建てた我が家を紹介しています。また家づくりに関して、考えたことや日々の気づきなども発信しています。