家づくり

【鉄骨vs木造】メリットとデメリット

家を建てるにあたって、鉄骨造りを推しているハウスメーカーもいれば、木造推しのハウスメーカーもいます。

どちらにしようか?

家づくりでは迷うところ。

今回の記事では、家づくりの最初に考えるであろう鉄骨造りの家か、木造の家か、どちらがいいのかを話していきたいと思います。

  • これから家づくりをしようとしてる。
  • 鉄骨か木造か迷っている。
  • 鉄骨と木造のメリットデメリットを知りたい。

こんな人におすすめです。

僕は一条さんで新築を建てましたが、建てるまでに学んだことです。

 

1.鉄骨と木造どちらがいいのか?

まずは鉄骨と木造を1つずつ解説。

 

1-1.鉄骨とは

鉄骨とは骨組みが鉄でできている家のことです。

鉄骨には軽量鉄骨重量鉄骨があるみたいです。

比べると。

【軽量鉄骨】重量鉄骨より値段は安い耐久力は下がる。普通の住宅でよく使われている。

【重量鉄骨】軽量鉄骨より値段は高い耐久力は上がる。マンションなどで使われている。

値段が安く、重量鉄骨より耐久力は下がるが、普通の住宅では十分なので軽量鉄骨が主に使われているようです。

 

1-1.鉄骨のメリットデメリット

普通の住宅を建てるに関してのメリットデメリットです。

【メリット】

  • 耐久力がある。
  • 強度が強い。
  • 鉄自体の温度が簡単に変化しずらい。
  • カッコイイ気がする。

鉄自体の耐久力は高く、強度も強いため、地震には強いです。

メリットでありデメリットでもあるのですが、鉄自体の温度が簡単に変化しずらいところです。

そして何となくカッコイイ。

【デメリット】

  • 値段が少し高い。
  • 火に強いが、火災に弱い。
  • 鉄自体の温度が変化しずらい。

値段は少しだけ高いです。

鉄は一見火に強そうですが、火事になるとすごく高温になってしまうので、鉄は曲がったり切れたりしてしまいます。

 

1-2.木造とは

その名の通り木で造られている家です。

古くからの一般的な家はほぼ木造。

木のぬくもりを感じられますね。

 

2-1.木造のメリットデメリット

鉄骨と同じく一般住宅に関してです。

【メリット】

  • 値段が安い。
  • 火に弱いが、火災に強い。
  • 木のぬくもりがある。

値段は安い方です。

木なので火には弱いですが、火災になった場合に木の芯まで燃えきるのに時間がかかるので、逃げる時間は稼いでくれます。

そして木の優しいぬくもりは感じられます。

【デメリット】

  • 耐久力が低め。
  • 職人の腕によるところが大きい。
  • 温度や湿度、乾燥によって木が変化する。

木なので鉄などに比べると耐久の部分では劣ってしまいます。

職人さんの腕によるところが大きいので、頼む人は重要になってきます。

欠陥住宅を建てられてしまっては、後戻り出来ません。

家を建ててくれる職人さんを選べないなら、多少の運も必要かもしれません。

そして木なので様々な要素で変化してしまいます。

多少の伸び縮みする事は、頭に入れておかないといけません。

 

3.鉄骨と木造を比べると

 

2つを比べてみます。

値段で見れば木造に軍配が上がりますが、そこまでの大差はないので、気にするかはその人次第です。

鉄骨の方が強度がありますが、最近は木造でも地震に対する強度は強くなってるので、大丈夫です。

骨組みは鉄骨でもその回りは木ですので、火事に対する部分や木のぬくもりもあまり変わりありません。

シロアリに関しても同じ。

職人の腕はどうしようもないですが…。

個人的にはどれも微々たる差しかないと思います。

 

4.まとめ

僕の答えはどちらも大きな違いがないので「好み」で決めるのがいいのかなと思います。

新築を建てた周りの知人で、鉄骨も木造も実際に家へ行かせてもらったりしましたが、いい家でまったく問題はなさそうでした。

上で述べた以外の不満(間取りのミスなど)は聞きましたが。

最後に間取りですが。

鉄骨、木造に関わらず、工務店やハウスメーカーによって制限があったりするので、実際行ってみて話を聞いてみるしかないですね。

その際少し勉強していけば更にいいと思います。

間取りに関してはこちら
家づくりの間取りは重要!後悔しないために出来る【2つの手段】この記事では、家を建ててから後悔しないために出来る2つの手段を紹介したいと思います。1つは僕が間取りを決めるときにやった手段。もう1つは知人が使った手段です。...

みなさんが満足のいく家を建てられるのを願いつつ、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ABOUT ME
みずよー
みずよー
妻子持ちの30代。夢のマイホームを購入したので、これから家づくりをする人の参考になるために、自宅を紹介していきたいと思います。また、日々の気づきや趣味なども書いてい行きたいと思いますので、よろしくお願いします!